さいたま市からの引越し見積もり|安くする方法

さいたま市から全国の主要都市への引越しを予定されている方へ、
このサイトでは、さいたま市から全国の主要都市の引越し概算見積もり額と、
引越し費用を安くするための見積もりの方法をご紹介しています。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド

 

 

 

さいたま市から全国の主要都市の引越し概算見積もり額

 

さいたま市から全国の主要都市への引越し概算見積もり額は、
各引越し先別のページをごらんください。

 

さいたま市内での引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
さいたま市内での引越し概算見積もり額は
おおよそ20,000円〜60,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
さいたま市内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ30,000円〜80,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
さいたま市内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ40,000 〜 100,000円の費用が相場です。

上記は、さいたま市内の引越し概算見積もり額の
大まかな概算としての参考価格です。

 

引越し費用を安くするための見積もりの方法

引越しの費用は、引越し先までの距離、荷物の量、
現在の住まいからの搬出、引越し先での搬入作業のしやすさ、
といった条件によって決まってきます。

 

また、同じ引越しでも、引越し業者によって料金は違います。
例えば、東京に引っ越すにはA社が安いけど、大阪にはB社が安い、
というように引越し先によって、料金の安い業者が違うこともあります。

 

引越し費用を安くするには、引越し各社の料金を比較して、
良心的なサービス内容で最も料金の安い業者を選ぶことが大切です。

 

しかし、自分で多数の引越し業者から見積もりを取るのは大変です。
インターネットの一括見積りを利用すると簡単にできます。
現在、最もよく知られている引越し一括見積はこちらです。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド

 

 

 

 

■引越料金の見積もり
引越しはそうめったにするものじゃないですから、見積をしてから引越し業者を選んでます?先に見積もりをもらって比べてから、選ぶというのが賢い選択方法ではないでしょうか。一口に引っ越しと言っても、業者ごとに価格、サービスは違うので、引越しの見積もりをすることで、各引越し会社の料金の違いやサービスはどうなっているのか比較することができます。前もって見積もりをしてくれるのは、どこの引越し業者でもやってくれます。実際にどうやって見積もりしてもらうかというと、電話帳やホームページなどで調べて引越し業者に見積もり依頼の連絡をします。すると引越し会社の担当が来て、料金を計算してくれます。引越しの見積もりの方法は、どの引越し業者も大体同じなのですが、荷物の量はどのくらいあるのか、また必要なトラックの大きさや人員数を見積もりします。それから、引越し先の距離や引越し先での荷物の搬入のしやすさなどもから当日の作業量などを計算して見積もりをしてくれます。見積が計算し終わったら、各社の見積もりを比べて契約する業者を決めるのですが、3社くらいから見積もりをしてもらうことで、ほぼ同じようなサービスないようであれば各社の価格の違いというのがわかりますし、金額にそれほど差がなくてもサービス内容の一番よい業者を選ぶことができますので、どちらにしても見積もりを比べることで、一番条件のよい引越し業者に依頼することができます。

 

■引越しの見積もり比較
引越しってそんなにしないから、料金とかわからないですよね。見積を比較する場合にはポイントになる点がありますどんなところをくらべてみるとよいのかということですが、まず、引越しの見積もり比較は金額で比較するのはその他のサービス内容でも比べておくことが大切なことです。どんなことかといいますと、引越し業者の見積もりを比べる場合は、引越しプランが同じであってもダンボールやガムテープはどれだけくれるのかとか、ハンガーボックスがつくのか、梱包資材はどんなものを用意してくれるのかとかも引越しの見積もりを比べる場合にはチェックしておくのも大切です。その他にも、引越しのを依頼をすると特典として何かもらえるとか、そういったキャンペーンなどを行っていることもありますし、箪笥の中身をそのままでも運んでくれるというところもあれば、タンスの中の衣類などは出しておかなければならないこともあります。引越しの見積もりは1社だけでなく、ほかにも数社に引越しの見積もりを依頼して、引越しの見積もりを比較してみるのがいいですね。いろいろな業者の見積もりを比べることで、価格が安いのはどこであるか、サービスはどの引越し業者がいいのかということがはっきりわかります。といったことで、引越し見積もりは、意外に金額さがあることもよくあることなので、最低でも3社くらいは比較してみることがおすすめです。

 

■引越し料金の仕組み
引越し料金は、何をもとにして決まってくるのかということなのですが、引越し料金の計算方法についてなのですが、運送料と人件費、梱包費と交通費、保険料などから成り立っています。最初に引越し料金の中の運送費ですが、運送費は運賃と作業の料金が含まれています。どのくらいの大きさのトラックが必要なのか、作業時間はどのくらいかかるのか引越し先までの距離はどのくらいかで引越し料金は変わってきます。引越しに使用するトラックが大きくなるほど引越し料金は増額になりますし、さらに、使用するトラックの台数が多くなるほど引越し料金は増額になりますし、当然ですが、引越し先が遠ければ遠いほど引越し料金は高くなりますし、それから、人件費に関しては、これは引越し業者の作業員のことで必要なスタッフの数が多ければ多いほど引越し料金の金額は高くなります。そのつぎは梱包費と交通費がありますが梱包費は梱包に使用するダンボールなどや梱包作業になります。交通費といいますのは、高速料金などですから使わなければかかりません。それから引越しの保険料は、引越し業者によってある場合と無い場合があります。事故などがあった場合には、保険に入っていないと、困ってしまうことがあるかもしれません。引越し料金はこのような内訳になっています。それそれの業者によって無料サービスになっている場合などもあり、それぞれいろいろです。

 

■引越しのオンライン見積もり
インターネットを利用して引越し業者に見積もりを依頼することもできます。中でも一括見積比較サイトというものが最近人気になっています。利用方法は、連絡先や必要な事項を入力して送信すると一度入力をするだけで沢山の引越し業者から見積もりをしてもらうことができるのがこのシステムを使う人が増えている理由です。何社もの引越し業者に一社一社見積もり依頼をするのはめんどくさいですが、これを使うと、たった一回で済んでしまうこともあって、テレビやラジオでもCMしていることもあり利用者も増えています。ただし、この一括見積といいますのは、あくまで概算見積もりの範囲であり、具体的な引越料金を見積もりしてもらうには、実際の荷物や搬出経路などを確認して、見積もりをしてもらわなければなりません。ネットの一括見積を使うことのよい点というをのは、一社一社自分で引越し料金の見積もり依頼をしなくてもよいことで、複数の引越し業者を比較することができるということです。複数の引越し業者を比較することによって安くてサービスもよい引越し業者がわかりますから、一番お得な会社を選ぶことができるということです。実際に引越し料金は会社によってかなり違いますから、引越し業者を決めてしまう前にぜひ使うとよいです。

 

■引越し業者の種類
引越しはそんなに頻繁にしないので引越し業者といってもよくわかりません。引越し業者といっても色々な引越し業社があると思います。例えば全国に支店があるような大手の引越し業社だったり大手ではなくても、利用者から大変評判がいい会社もあります。また、引越し専門業者以外にも運送業者も引越しサービスをしているところも多くあります。そのように多くの業者が引越し業社にはありますがどの引越し会社を選ぶのかは、自分の引越しに合わせて決めればいいと思います。例えば、学生などの引越しの場合では、家具や家電がついているような賃貸マンションなどに住む人もいると思います。そのような物件に引っ越しをするには、大手の引越し業社を頼む必要はなくて、運送業者の単身パックのようなサービスを利用すれば安く済むと思います。その他、単身赴任の引越しの場合には、多くの運送業者で単身パックのようなものがありますからそのようなものを依頼すればあまり手間をかけずに単身の引越しをすることが出来ます。このように、引越し業社を選ぶには自分の引越しのスタイルや引越しの規模に合わせて選ぶとよいのではないでしょうか。その中でも引越し業者は、複数の会社から見積もりをしてもらって比較をして、価格を比較して選ぶ他にもサービス内容についても違いがないかを確認して一番お得な引越し業者を選ぶとよいですね。

 

 

■引越しのスタイルで業者を選ぶ
引越し業者や依頼するサービス内容の選び方について、自分の荷物の量などの都合によって、それにふさわしい業者やサービスを選ぶとよいでしょう。例えば、家族で引越しをする場合には、家族の人数が多いとそれだけ、普通は、荷物も多くなりますので、当然、引越しの作業量も増えることになります。子供が小さければ、引越しの間もほったらかしにはできないですし、家族全員で引越しをする場合は、作業量と、どれだけ手間をかけることができるかで、引越し業者を選ぶという方法があります。子供がまだ小さい家庭ですとか、高齢者がいる家庭の引越しの場合には、引越しの準備もなかなか大変ですし、仕事もあるわけですから、引越しの準備を仕事の合間に行うわけですからなかなか時間がないのが普通でしょう。このような人の引越しの場合には、引越し業者を選ぶときにはお任せパックのような荷物の梱包など準備から引越し業者がやってくれるようなサービスがある引越し会社とそのサービスを依頼すれば、引越しをするのも安心なのではないでしょうか。単身での引越しでしたら、荷物と言ってもそんなにないでしょうから、引っ越しの準備といってもそれほど多くないですし、それほど大そうな引越しにはならないと思います。単身引っ越しパックなどがある引越し業者を選べばてっとり早く、わりと安い料金で引越しができると思います。家族の引越しと違って、単身の場合は引越しもわりと楽なので、そのように、単身向けに手軽なサービスがある引越し業者を選ぶとよいでしょう。

 

■引越し業者ランキング
引越し業者のランキングってみたことありますか?今、引越しの業者をどこにしようか考えている人には、とても役に立つものではないかと思います。ランキング上位になっているような引越し業者は実際に頼んでみると、選んでよかったという業者が多いと思います。このランキングというのは、色々な引越し業者を一括でオンライン見積もりをしてくれるサイトなどでランキングが掲載されています。総合評価と項目別評価になっていたりして、料金が安かった業者のランキングですとか営業対応がよかった業者の評価であったり、引越し作業員の態度がよいかといった評価、スピード、サービス全体などを見て引越し業者のランキングが付けられています。今、引越しの予定があって、計画をしている人にとっては、見積もりをどこでお願いしようかと迷っているということもあるのではないかと思います。そういった場合には、このランキングの評価を見てみると信頼できる引越し業者がどこなのかがわかって便利だと思います。ランキングといっしょに、利用者の感想なども書かれているものもあり、実際に利用した人の率直な感想が書かれているので、これから引越し業者を選ぶための情報源として、とても参考になる情報ということができます。

 

■単身引越し
単身引越しをする人に便利な、単身引っ越し向けのパッケージがあります。独身や学生など一人暮らしの人の引越しの場合は、家族で引越しをする場合とは、だいぶ事情も違ってきます。独身者の引越しの場合は、大型の家電や家具はないですし、荷物の量もそれほど多くない場合が多いと思います。自分一人で引越しする場合は、家族プランのようなダンボールなどの無料サービスや保険などは、まあ、あるに越したことはありませんが、それよりも引越し作業の代金をできるだけ、安くしてもらったほうが嬉しいのではないでしょうか。自分一人でひっこしするなら、荷造りなんかもわりと簡単で大丈夫でしょうし、引越し先まで、引越し業者のトラックの助手席に乗って行けるというサービスのほうがありがたい人も多いでしょう。独身者や単身赴任の場合はそれに合った、また、学生の引越しには学生向けになっているような引越しプランもありますので、そのプランで頼んだ方が、料金も安くなるのではないかと思いますし、ちょうどいいサイズの梱包なども用意されているので便利だと思います。単身引っ越しパックは、わりと多くの引越し会社で用意されていると思いますから各社それぞれ、若干サービス内容にも違いがあったりしますから、自分の引越しの場合、どれが一番良い内容か、使い勝手のよいものを見つけて申込みするとよいですね。しょせんは自分ひとり分の荷物の量ですし、お得に、手っ取り早くできてしまうでしょう。

 

■引越しのらくらくパック
引越のプランにらくらくパックというようなものがありますけど、引越しのらくらくパックというのは各引越し業者でもパンフレットにありますが、プランの名前やサービス内容はその会社によって違いますが、例えばクロネコヤマト引越しセンターの場合は引越しらくらくパックというように呼ばれていますけれど日通ではゆうゆうこんぽという商品名だったかと思います。松本引越しセンターはおまかせコースという名前のプランになっています。引越会社のほうで小さな荷物の梱包も荷物の搬出から搬入まで荷解きから家具の設置までやってもらえるというプロの引越し業者が全部やってくれるサービス内容になっているのが、このらくらくパックです。荷物の梱包、運搬、梱包の解体など業者がやってはくれますが、不用品の仕分けなどといったことに関しては、自分がしておくべきことはあると思います。引越しのらくらくパックの梱包の解体をしてくれるサービスだったとしても荷解きまでやってくれるとは言ってもすべてをやってくれるというわけではありません。しかし普通の引越しのプランに比べると手間の分だけ料金は高くなりますが、業者がかなりの部分をやってくれますので、時間がない人などではよいサービスですね。小さな子供がいる人などは思うように準備もできないものですからこういったパック商品を利用するのが、便利でいいかもしれませんね。

 

 

さいたま市内での引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
さいたま市内での引越し概算見積もり額は
おおよそ20,000円〜60,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
さいたま市内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ30,000円〜80,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
さいたま市内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ40,000 〜 100,000円の費用が相場です。

上記は、さいたま市内の引越し概算見積もり額の
大まかな概算としての参考価格です。

 

引越し費用を安くするための見積もりの方法

引越しの費用は、引越し先までの距離、荷物の量、
現在の住まいからの搬出、引越し先での搬入作業のしやすさ、
といった条件によって決まってきます。

 

また、同じ引越しでも、引越し業者によって料金は違います。
例えば、東京に引っ越すにはA社が安いけど、大阪にはB社が安い、
というように引越し先によって、料金の安い業者が違うこともあります。

 

引越し費用を安くするには、引越し各社の料金を比較して、
良心的なサービス内容で最も料金の安い業者を選ぶことが大切です。

 

しかし、自分で多数の引越し業者から見積もりを取るのは大変です。
インターネットの一括見積りを利用すると簡単にできます。
現在、最もよく知られている引越し一括見積はこちらです。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド

 

 

 

 

■自分で引越し
自分で引越しをやってしまおうと考えている人も、一人暮らしなどの場合は多いかもしれませんね。引越し屋さんを使わずに自分で引越しする場合の、よいことや、反対に悪いところについてそれについて紹介したいと思います。とりあえず、引越しを自分ですることのメリットはなんといっても、引越し業者の料金がいらなくなりますので、そのぶんの引越しにかかる費用が安く済みます。その他にも、自分でやってしまった方が、気楽にできるというのもあるようです。引越し業者を頼めば確かに楽ですが、初対面の引越し業者の作業員に、作業の指示などをしたり、あまり他人には見て欲しくない荷物もあったりして、作業はしてもらえますが、なにかと気疲れするものです。引越し業者を使わずに自分ですれば、家族や友達同士で引越し作業をするわけですから、それなりに気楽に楽しく引越し作業ができるかもしれません。ただ、自分で引越し作業をやる場合は、メリットだけでなくデメリットもあります。引越し業者を使わない場合の困ったところは、結局は、なんだかんだで、引越し業者に頼んだ方が安かったということもよくあるようです。仲間同士で引越しを手伝ってもらう場合は、引越しが終わったらごちそうするなり、お礼をしたり、トラックをレンタルしていて、実際にやってみると、引越し業者の料金よりお金を使ってしまったということは多いようです。また引越し業者を頼まないでする場合には、引越し業者のスタッフのように、教育されたプロの作業員ではありませんから、素人が引越しをするので、家具や荷物を傷つけてしまったり、色々とも問題が出てくる可能性があります。そういうわけで、引越し業者を使わない方法は安く済む場合もありますがデメリットもありますからそんなことも考えて、どうするか決めるとよいのではないでしょうか。

 

■引越しの手順
引越しというとなんとなく大変そうですよね。まずは何からはじめたらよいのか・・・スムーズに引越しを進めるには、それなりに手順があります。引越しの日を決める、引越しまでの段取りをしていくことなど、計画がしっかり立てられていることがスムーズな引越しができるかどうかのカギになります。この引越しの手順がしっかりしていれば、費用や手間を省くこともできますし、効率よく引越しを済ませることができるでしょう。なんといってもまずはどこから手をつけるかといえば、しっかりとプランを立てることから始めます。引越しする日はいつにするのか、どこの引越し業者に頼むのか、時間的な目安についても考えておかなければいけませんね。引越しのプランをしっかりと立てることで引越しがスムーズに済ますことができるかどうかはかかっているといってもよいでしょう。引越しの計画ができたらその次は、いきなり荷造りではなくて、まずはいるものといらない荷物を分けて、いらないものは整理するという荷物を少なくすることが必要です。ある程度荷物の整理ができれば荷造りもスムーズになります。この下準備がないと荷物の整理をしながら荷造りしなければいけないので効率よく荷造りができません。さっさと荷造り作業を終わらせるためにはある程度のいらないものを処分することが必要です。さて、引越し当日には、荷物を新し家への搬出作業、引っ越し後の荷物の整理といった順に引越しの手順は進みます。その他にも、引越しする前にご近所へのあいさつですとか引越し先でのあいさつなど引越し当日はなにかと大変です。

 

■引越しの計画
引越しでは計画を立てるのが最も大切ということができます。この引越しの計画をしっかり立てておかないと無駄な時間を使ってしまいます。無駄な時間を使わずに引越しを済ませてしまうためにも先に引越しの計画をきちんと立てましょう。まずは、引越しの予定日ですが、引越しの時期というのも関係してきます。春先の月月は転職や入学、就職シーズンですから引越し業者も忙しくなりますので、引越し料金の金額もアップしますし、サービスレベルが下がったり引越し予定日に空いている引越し業者がなかったりします。なので、引越しの予定はなるべく早めに決めておいてできるなら繁忙期は避けたほうが賢明でしょう。ほかにも、引越しをする時間帯ですが、引越しをする時間帯は時間帯が遅くなれば遅くなるほど安い金額になることがありますので、引越しの計画をする場合には、遅い時間に予定してみるのもよいかもしれません。引越しの計画がある程度できたら、さっそく何社かの引越し業者に引越し料金の見積もりを依頼してみましょう。各社の引越し見積もりを比較検討することで引越し業者もおのずと決定されますので、これである程度の引越しの計画が出来上がると思います。依頼する引越し会社と予定日が決まってしまえばそれに合わせて準備をしていけばよいかと思います。

 

■引越しの荷物の仕分
引越しの荷物はなるべく減らすのがいいですね。引越しというのは荷物を整理するいい機会でもあります。そして、引越しの準備を始める前に、事前にある程度持ち物の整理をしておくことで荷造りの作業も効率よくできるでしょう。例えば、まずは、洋服から仕分しましょう。めったにしか着ないもう着ない洋服などを仕分することで引越しの荷物も少なくまります。そして引越しの準備をしてるときに不用品も出てくるかもしれません、不用品の処分方法についてですが、リサイクルショップに売ることができるものか粗大ごみの処分はどこに持っていったらいいのか不用品の処分についても先に考えておけば引越しの間際になってあわてなくても大丈夫です。家電などは種類によって、リサイクル法で処分方法が決められている場合がありますから、もって行く電化製品、必要のない家電などの整理もあらかじめしておくといいかもしれません。引越しの荷造りを始める前に荷物の整理をしておくと荷物の量もだいぶ減っていると思いますので、荷造りの作業もはかどりますし、引越しの予定が決まったら、できるだけ早いうちに持っていくものをある程度整理しておくといいと思います。

 

■引越しの荷造り
引越しの際にいかに荷造りを上手くやるかですが、引越しの荷造りの注意点としては梱包方法に気をつけましょう。最近は梱包まで請け負う引越し業者も多くなっていますが、自分で引越しの荷造りの梱包を行う場合には、色々なポイントがそれぞれの梱包をするものによってありますから、どんなものがありかといいますと、食器類や装飾品などのワレモノを梱包する場合に、引越し業者と一緒に行う場合には割れ物はやはりプロに任せるのがいいと思います。食器は強度によって梱包のやり方がありますから割れないように梱包をしてもらうことがプロなら知っていると思います。もしも食器の梱包を自分でするなら古新聞で包むといいですね。引越しの荷物には手持ちにしたほうがいいものがあります。それはもしも無くしてしまったときに取り返しがつかなくなるような貴重品などは自分で持って行かなくてはなりません。例えば高い宝石や銀行の通帳や実印など現金やキャッシュカード、不動産関係の書類などは自分で持っていくのが安全です。荷造りをする際には、中に何が入っているかわかるように外箱にマジックなどで書いておくと、またどこの部屋に運ぶのか書いておくのが搬入作業にも便利です。

 

■引越しに必要な梱包グッズ
引越しの準備や引越し当日に必要になるものには何があるでしょう。引越しの準備と言えば、やはり荷物の梱包からですが、やはり、誰でもまずダンボールは必要だと思うでしょう。ダンボール箱は必ずといってもいいほど引越しには必要ですが一体どれくらいの数の段ボール箱が必要になるのかというと、人家族の場合でしたら箱くらいというように、いうそうですから、だいたいそんなもんなのではないでしょうか。ダンボールは、引越し専門業者ならだいたいどこでも、引越しを頼めば、必要数無料サービスしてくれますので、自分でどこかからもらってきたり、買ってきたりする必要はありません。また、ワレモノなどもあると思いますから、プチプチシートとか緩衝材なども必要です。これもわりとくれる引越し業者が多いですし、食器や壊れ物を包むときに使用しましょう。それから、ワレモノを梱包する時には、新聞紙も要りますよね。新聞紙は引越しの梱包に色々と使えますから沢山用意しておいたほうがいいですね。あとは、ガムテープやひもなどももちろんもちろん、必要になりますよね。他にも引越しの梱包の際にはカッターナイフやハサミですとか、軍手も持っておいた方がよいですね。それと、ダンボール箱など荷物に搬入の際に、どの場所に運んだらいいかわかるように書くために、マジックも用意しておくといいと思います。

 

 

■引越しと防震
防震対策を引越といっしょにやってしまうのは効率的ですね。そういうわけで、引越業者さんのサービスにも引越時に家具の防震対策もしてくれるというオプションがあるところも多いようですね。免震シートや固定金具などいろいろなものを引越し業者にはあります。例として、引越し先に家具を運び込んで配置したら地震があったのために家具を固定しておく転倒防止のためのグッズもあれば、家具の配置を行う場所に下に振動を吸収するようなシートを敷いておくものもあります。家具を全て配置し終わってからそういったものを下に敷こうというのは大変です。そういった金具やシートなどを探して買ってくるのも大変ですが、そのようなオプションを利用すれば、荷物を配置するときに一緒にできますから効率的です。このようなサービスは、引越し業者によってプランや取扱のある地震対策グッズは違っていますし、サービスの値段も違いがあるかとは思います。各社のホームページなどを見てみると、地震対策のオプションや方法、料金などが、書いてあると思いますので、そちらで確認をして比較してみるといいと思います。引越は地震対策をするのにも都合がよい機会なのでとてもよいことではないかと思います。これに関しては引越し会社の方から勧めてくるようなこともないようなので、内容を確認して、こちらから頼むのが一般的のようです。

 

■引越しの各種手続き
引越しの際のライフラインや、通信などの各種で続きについて忘れずにやっておかなければいけません。ところで、引越しをする場合には、違う電話番号に変わってしまいます。引越しをする前に116番に連絡をして、電話の引越しについて、手続きをすましておきます。電気に関しては、引越しをする日くらい前に電力会社に電話して、移転の手続きをしておきます。引越し先の電力会社にも、同じく、電話をして、申込み手続きをしておきます。ガスについても、窓口を調べて、引越しをする日前くらいに連絡をして手続きをしておきます。これから、引越して行く先では、引越しをしたらすぐにガスが使えるように、連絡して手続きをすると引越し当日に係員が着ますから検針してからガスが使用できるようになります。水道局のほうの手続きについては、水道局の窓口があるので、事前に電話をして、引越しの手続きをしておきます。同時に、引越し先の水道局にも申込みの手続きをします。ライフラインや通信の手続きはこんな感じですが、こういったライフラインの手続きは、賃貸不動産などに引越しをする場合には不動産屋さんのほうでやってくれる場合もありますし、特に自分で何もしなくてよい場合もありますので、また、新しく建てたばかりの家に引越す場合は、これ以外の手続きが必要になるケースもありますので、事前にしっかりと確認をして、手続きをしておくようにしなければなりませんね。

 

■引越しの色々な手続き
引越しの色々な手続きについて紹介したいと思います。住民票の移動など、役所に関わる手続きの他にも、例えば、新聞を購読していた場合には、また、銀行などの住所変更の手続きについても、また、自動車保険や生命保険にも入っていると思いますが、忘れずに、住所変更の手続きをしておく必要があります。一般に、入っているのは、一般的には生命保険や自動車保険ですが、他にも、いろいろ種類がありますから、そういったものも、全部、住所変更の手続きをしておく必要があるのです。また、引越しをした場合は、郵便局にも手続きをします。郵便局に引越しをすることを伝える転居届けを出しておけば、今までの住所宛に郵便物が送られてきた場合には、自動的に、一年間は、引越しした後の住所のほうに転送をしてくれるようになりますので、とても助かりますから、忘れずにやっておく必要があります。他にも、携帯電話なども住所変更が必要ですし、インターネットのプロバイダーなどの手配もしておくことで入居をした日からインターネットを使えるようになりますので便利です。

 

■さいたま市の公共機関、電気・ガス・水道の引越しの連絡先電話番号
さいたま市役所 郵便番号:330-9588 住所:さいたま市浦和区常盤六丁目4番4号
電話:048-829-1111(代表)

 

【電力】
東京電力カスタマーセンター  0120-995-441

 

【ガス】
東京ガスお客さまセンター 引越し専用ダイヤル
電話:0570-002230(ナビダイヤル)
月曜日〜土曜日9:00〜19:00
日曜日・祝日9:00〜17:00

 

【水道】
さいたま市 水道局電話受付センター
電話番号 048-665-3220
受付時間 8時から21時まで(年中無休)

 

 

さいたま市内での引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
さいたま市内での引越し概算見積もり額は
おおよそ20,000円〜60,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
さいたま市内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ30,000円〜80,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
さいたま市内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ40,000 〜 100,000円の費用が相場です。

上記は、さいたま市内の引越し概算見積もり額の
大まかな概算としての参考価格です。

 

引越し費用を安くするための見積もりの方法

引越しの費用は、引越し先までの距離、荷物の量、
現在の住まいからの搬出、引越し先での搬入作業のしやすさ、
といった条件によって決まってきます。

 

また、同じ引越しでも、引越し業者によって料金は違います。
例えば、東京に引っ越すにはA社が安いけど、大阪にはB社が安い、
というように引越し先によって、料金の安い業者が違うこともあります。

 

引越し費用を安くするには、引越し各社の料金を比較して、
良心的なサービス内容で最も料金の安い業者を選ぶことが大切です。

 

しかし、自分で多数の引越し業者から見積もりを取るのは大変です。
インターネットの一括見積りを利用すると簡単にできます。
現在、最もよく知られている引越し一括見積はこちらです。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド

 

 

 

 

■引越し当日
引越しをするその日の作業は、引越しのスタッフが中心に行ってくれますが、自分たちは、全く何もしなくていいということでもありません。当然ですが、引越し業者からの質問に適切に答えてやることで、作業もスムーズに進みます。例えば大型家具などは作業前を始めるに、どこに配置をするのかを図にして説明しておくと、引越し業者も運搬の順番などを考えて作業をすることができますし、もしも配置図までは用意をしておかなかった場合でも、作業をすながら適切に指示をしてやることによって引越しが効率よく進みます。引越しの当日は引越しがスムーズに進むように、先に、当日のだいたいの時間的な予定の確認、大きな荷物の搬入経路、運搬方法の確認などをしておけば、引っ越し作業が早く進むと思います。もしも特殊な物の搬送がある場合には、見積もりの際に引越し業者に確認をして運んでもらえないという場合には、別の業者に頼まなければいけませんからそちらも引越しをする前に頼んでおかなければなりません。引越しの当日は運んでもらえばそれで終わりだと考えている人もいるかも知れませんが、実は引越しのその日も色々と引越し業者に指示を出したりといったように、引越し作業がスムーズにいくように自分達でも引越し会社の作業員を手伝う必要があるので何かとすることはたくさんあります。

 

■荷物の破損や紛失
引っ越し作業中に荷物を傷つけてしまったり、無くしてしまったりということですが、引越し業者との間のよくあるトラブルとして、荷物を壊したり、傷つけたり紛失しているということはけっこうあるようです。引越業者の方でも、配慮をしながら引越しの作業を行っているので、引越しのスタッフからしても、荷物を壊したり、無くしてしまうということは、あってはならないと思っているはずです。引越の荷物に関してトラブルにならないように前もってお互いに確認をしておくことと、トラブルが起きた場合についてのことを引越し業者に聞いておくということは必要なことではないでしょうか。大切な家具などについては傷など作業前にチェックしておく必要がありますし、家具などを運ぶ場合にも、立ち合いをするのがよいでしょう。また、新しい家に引っ越しをする場合は、引越しの前に傷を確認しておいて、最初から傷がある個所はどこだったか把握をしておきます。引越し作業がすんでから、壊れていたり傷ついていたりしたら、すぐに引越し業者に言うようにしましょう。運搬作業中などに傷をつけたり破損したもので引越し業者側に原因があった場合には一年以内であれば保証をしてもらえると思います。引越に関しては、このようなトラブルも時々ありますので、少しでもトラブルを減らすためにも運ぶ前の荷物の状態などチェックしておきましょう。

 

■積み残し
引越のトラブルとして起こりがちな問題である積み残しですが、引越しの荷物を積み残すということはとてもよくあることだといわれています。その訳はといいますと、最近では、インターネットでの見積もりが一般的になっておりその原因があるといわれています。なぜインターネットの見積もりを利用すると、荷物の積み残しの理由になってしまうのかといいますと、自分で記入した荷物の数や種類が実際にはもっと他にもあったりして、引越し会社が準備したトラックに載せきれなくて、積み残しが起きてしまうケースが多いようです。もしも引越しの当日に積み残しになってしまったときには別料金が取られてしまうこともありますから、かならず引越しの見積もりをしてももらったときに、積み残しが起きてしまった場合その対処方法や料金について確認しておくと安心ではないでしょうか。もしも訪問見積もりをしていて、当日、荷物を積み残してしまったということなら引越し業者が対処をしなければいけないことなので、追加の料金とかはなしで運んでもらわなければなりません。このように積み残しが起こってしまい、それが業者との間でトラブルになるならそれは悪質な引越し業者であったという可能性もあります。一般的に、ちゃんとした引越し会社ならもし、積み残しが起きた場合でも何か手を講じて問題を解決するはずです。

 

 

■追加料金
引越し業者を頼む場合には追加料金というのは基本的にはありえない話です。引越し業者と契約をしたときに決定している料金がすべてです。ですから引越しの当日に別途、追加の費用が発生するということは、通常は、ありえないのです。しかし、引越しの場合によっては、見積もりをした時の荷物の量や引越し先の場所であるとか家の前の道幅などが見積もりをした前提条件と違っていたケースなど追加料金が発生する場合があります。見積もりの時の情報が不正確でもし、当日業者が乗ってきたトラックに荷物を積み切れなければ、もう一往復して運ぶなり、別のトラックと運転手を手配して運ぶなどして荷物を運ばなくてはなりません。見積もりをしたときに正しく自分が情報を伝えなかったことが理由で引越し当日にこのようなことになった時には、追加の費用が発生するのもやむを得ないでしょう。また、当日、引越し業者に頼んでおいた時間になってまだ梱包作業ができていない状態で、引越し業者も梱包作業をしなければならなかったというケースもそのための費用を追加で請求されることもあります。そのため、追加料金が発生するケースも見積もりの際に聞いておくと安心です。引越の当日になって問題を起こさないためにも、予定外の費用が発生しないようにするためにも、荷造りなどの準備は前日に終わらせておくようにするのがよいですね。

 

■引越しのあいさつ
引越をするときのご近所への挨拶についてですが、引越することになったら、現在住んでいる近所の方へのご挨拶は、遅くとも引越をする前の日までにはしておいたほうがよいです。引越をする予定の日を伝えて、引越し当日は荷物の運搬などで迷惑かけることを先に伝えておくのがよいかと思います。引越の挨拶といいますのは、これまでお世話になったお礼ももちろんですが、引越の当日迷惑をかけることもあるかとは思いますので、今まで住んでいたのが、賃貸マンションなどであれば、もちろん管理人さんや大屋さんにも挨拶は必要です。予算的には、円以内くらいで何か挨拶のものを持っていくといいですね。また、引越先への挨拶は、両隣のお宅には、荷物を運び込む前にご挨拶をするのが礼儀です。引越し先がマンションの場合には、その他にも上下の部屋の人にもご挨拶をしておくのがよいと思います。それから、賃貸マンションへ引越する場合は、管理人さんや大家さんに挨拶をしておきましょう。引越の挨拶の品としては、洗剤や石鹸など邪魔にならないようなものがよいです。最近の傾向では、引越しの際には挨拶は別にすることもなく住んでいる人も多いようなのですが、荷物の搬入をする前にも特に挨拶をすることもなく引越作業をする人もいるようですが、常識的には、引越をするときは挨拶をしておくものです。

 

 

 

 

さいたま市内での引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
さいたま市内での引越し概算見積もり額は
おおよそ20,000円〜60,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
さいたま市内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ30,000円〜80,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
さいたま市内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ40,000 〜 100,000円の費用が相場です。

上記は、さいたま市内の引越し概算見積もり額の
大まかな概算としての参考価格です。

 

引越し費用を安くするための見積もりの方法

引越しの費用は、引越し先までの距離、荷物の量、
現在の住まいからの搬出、引越し先での搬入作業のしやすさ、
といった条件によって決まってきます。

 

また、同じ引越しでも、引越し業者によって料金は違います。
例えば、東京に引っ越すにはA社が安いけど、大阪にはB社が安い、
というように引越し先によって、料金の安い業者が違うこともあります。

 

引越し費用を安くするには、引越し各社の料金を比較して、
良心的なサービス内容で最も料金の安い業者を選ぶことが大切です。

 

しかし、自分で多数の引越し業者から見積もりを取るのは大変です。
インターネットの一括見積りを利用すると簡単にできます。
現在、最もよく知られている引越し一括見積はこちらです。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド